Category Archives: OpenScience

Elsevier、Mendeleyを買収。ResearchGate、ビル・ゲイツ等から資金調達。スローン財団、ImpactStory・ORCID・Mozilla Science Lab等をサポート。ーーここ2ヶ月でオープンサイエンス系サービスへ激流する資金の動きまとめ

openscience

  • Elsevier、Mendeleyを買収(6,900万ドル〜1億ドル)

2013年4月8日、Elsevier社によるMendeley社買収が正式に発表されました。

遡ること約3ヶ月前、そんな動きがあるんでは?と噂はあったのですが現実に。

なんせお相手はあの?Elsevier・・世間はこんな眼差しで両者を見つめます・・
acquisition_1
acquisition_2

慎重に慎重に協議を重ねたのでしょう・・GoogleがYouTubeを或はFacebookがInstagramを買収した後の対応の如く、MendeleyはこれからもこれまでのMendeleyと変わらないことを強調しながらはや2ヶ月が経過。一時期はMendeleyやめてやる抗議騒動(#mendelete)があったものの、現在は落ち着きを取り戻した業界界隈。いやむしろ#mendelsevierは良好な印象へと着実に変貌しつつあるのではないでしょうか。そんな動きも徐々に表面化してきました。

両者のコラボレーションが成果として現れるのはもう少し先になるでしょう。
僕は、Elsevier Labs(@ElsevierLabs)にいるMike Taylor(@herrison)ーーaltmetricsやORCIDなど僕の興味関心がとっても一致する方ーーにとっても期待・共感しているので、VictorとMikeの「こうしたい、こうあるべき」な想いが融合し、買収直後に世間を失望心配させた雰囲気を驚きの成果で良い期待裏切りしてくれるんじゃぁないかと100%信じきっています。

本ポストでは#mendelsevierに対する所感ついては言及を極力控えw、フォーカスするのは「お金」の話題!
今回買収劇、両社から買収額は明らかにされていないものの、6,900万ドル〜1億ドル!(当時の為替相場から、約68~98億円!)のお金の動きがあったのではと噂されました。確かにインパクトあるお金の動きがあったわけですが、これはオープンサイエンスを加速させる第1ギアが入っただけに過ぎません。

  • ResearchGate、ビル・ゲイツ等の投資家から3,500万ドル資金調達

#mendelsevierに刺激を受けたか否かは定かではありませんが・・
日本ではほとんど話題にならないものの、研究者向けソーシャルネットワーク/科学者用LinkedIn/科学者達のFacebook等と揶揄?されるResearchGATEは、Microsoft創業者Bill GatesとTenaya Capitalから3,500万ドルを資金調達したと発表しました(2013年6月5日)。

ResearchGateは、単なる研究者向けソーシャルネットワークから脱皮すべくセルフアーカイビング機能に注力を注ぎ、且つRG scoreなるaltmetricsを意識した著者レベルの指標開発するなど、時代に即したサービスに進化しようという意気込みが感じられます。今回資金調達(があってもなくても)「API公開」を真っ先に対応してくれたら、altmetricsな文脈で語られるサービスになるのになぁ、と期待して良いんじゃないでしょうか。

先ずはResearchGate”s”に名称変更するのかな?w

・・となると次は、MendeleyやResearchGateととかく比較対象とされるacademia.eduがどこかしらから資金調達の話題がやってくるのでしょうか。元Mendeley、現PeerJ共同設立者のJason視点でいくと、academia.eduはResearchGateの3,500万ドルを上回る資金調達がし易くなった??違


rgvsacademiaedu

  • アルフレッド・P・スローン財団、ImpactStory・ORCID・Mozilla Science Lab等をサポート(総額不明)

altmetrics toolといえば真っ先に思い浮かべるのは、altmetric.comとImpactStoryではないでしょうか。
altmetric.comはNaturePG/DigitalScienceの豊富な資源をバックアップに飛ぶ鳥を落とす勢いですが、altmetrics提唱者Jasonが関わるImpactStoryも資金面では負けない動きが。
2012年5月にアルフレッド・P・スローン財団から$12.5万ドル受け取っていたImpactStory、この1年間の目覚ましい活動が評価されてか今後2年間で追加の50万ドルを獲得とのこと(2013年6月13日)。

更には同タイミングでORCIDもスローン財団から新たなるプロジェクトに対して金額不明ながら資金を得た模様。

altmetricsやORCIDという新たなトレンドに理解深いアルフレッド・P・スローン財団スゴい!
で更にもっとスゴいのがMozilla Science Labにまでお金投じているという点。


中の人には元Creative CommonsだったりDigital Scienceだったりしたて超敬拝しているKaitlin Thaneyがいることで個人的には超納得な財団決断。

また、ちょっとマニアックではありますがrOpenSciも18万ドル受け取り決定したとのことで、オープンソースによるオープンサーエンスの加速に期待が高まります。

2012年末頃よりサービスがストップしたままで非常に残念ながらも次なる何かを開発中かしらと期待を寄せているaltmetrics toolの草分け的存在ReadMeterの中の人Darioは、スローン財団による一連の投資決定について端的に僕と同意見をまとめられております。

  • Science ExchangeもシリーズAにて300万ドルの資金調達に成功

その他、日本には殆ど馴染みのないScience ExchangeもシリーズAにて300万ドルを資金調達(2013年5月13日)する等、ともかく最近(2013年4〜6月のたった2ヶ月で)オープンサイエンス系サービスに巨額が流れ込んでいる現状を無理矢理まとめつつ、オープンサイエンスの劇的加速に想いを馳せてみました。

#Science Exchangeについてはこちらの記事を参考に。


非常に面白く楽しい点は、このエントリに登場するサービスや人は、殆ど全部が何らかのつながりがあり、協調し合ってオープンサイエンスを高め合っている点でしょうか。お互いの成功に祝福のメッセージを交わし合い、切磋琢磨という言葉がぴったりな雰囲気でどんどん邁進していく光景が目に浮かべつつ我が国の遅れに心を痛めつつ笑。

せっかくこんな素晴らしい変化の真っ只中に生きていられるので、僕も何かしらオープンサイエンスな新しい挑戦に取り組んでみたいなと思っています。

Don't be shellfish...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedIn