ORCID東京・九州ワークショップに参加し、「ORCIDアンバサダーとコミュニティの役割」というお題で(九州限定)講演させて頂きました

2016年6月21,22日、東京九州(福岡)で、ORCIDワークショップが開催されました。
これほど盛大なORCIDイベントが国内で開催されたのは「ORCIDアウトリーチミーティングin東京」以来。どちらの会場も満員御礼でとても賑わい、質疑応答では熱い討議が繰り広げられました。

私は、主に「Twitter班」「撮影班」という役割を担いつつ、九州ではORCIDアンバサダーとして講演させて頂く機会を頂き、楽しい楽しい2日前を過ごさせて頂いた次第です。

当日の様子は、以下に中継のまとめがありますが、きっとこれだけでは会場のムードが伝わらないでしょう。誰かがきっとまとめの報告をされるかと信じていますので、詳細はそちらに譲るとしまして、すみません、いつもながら本ブログでは自分のこと中心にまとめておこうかと思います。w

宮入さんからワークショップのお話をお聞きしたのは遡ること5月中旬頃。約1ヶ月後に東京ワークショップ開催がほぼ決定しているとのご連絡を頂きました。「前回のアウトリーチミーティングも東京だったし、西でもやりたいね」という話が盛り上がってきたことから、「絶対西で実現を!」という想いを胸に、会場探しに名乗らせて頂きました。とはいえ、その時点で打診しても1ヶ月後には開催、という一見無理そうなスケジュール。そんなマイナス思考に陥る暇なく迅速に、そして超協力的に調整を進めて頂いたのが九州大学図書館さん。某林さんと某☆子さんには、西での開催実現に向けてお忙しい中ご尽力頂き、本当に本当に感謝申し上げます!

という流れから、「じゃぁ九州行きたいな、たとえ東京に行けないとしても」と呟いてみたところ「どっちも行けばいいじゃん」と背中を押してくださった宮入さん。「九州で喋れば、行く理由になるでしょ」と、スピーカーの枠組みまでプレゼントして頂いたのです。

演題は、ズバリ「ORCIDアンバサダーとコミュニティの役割」。
ORCIDアンバサダーとは何者か、どんな活動をしているのか、各国のORCIDアンバサダーの活動事例を紹介した後に、ORCIDが普及することで学術コミュニケーションが円滑にまわるには(ORCIDが何でもしてくれるという他力本願ではダメで、自らの行動によって、自分たちが実現したい姿を描き実現させよう!という強い気持ちを持って取り組む)コミュニティの活動・相互協力が必要!という今回ワークショップの宮入さんが一番強調したいメッセージであろう内容を補完する役割として、20分の枠組みを頂戴しました。私としても、自らの過去3年間のORCIDアンバサダー活動を整理し見つめ直すとても良い機会になりました。また、ORCIDの「Community driven」という姿勢と言いますかポリシーと言いますか文化・思想・・そういう想いを初心に返って向き合うことができ、スライドを準備する約1ヶ月を大変有意義に過ごせたかなと思っています。

ということで、冒頭の写真は九大の林さんに撮影頂いた講演している私、と、その講演の際に使ったスライド。
(林さんと私が漫才コンビのようにかけあってる感満載のw)「2016 ORCID 九州ワークショップ(20160622) まとめ #ORCIDKyushu2016」と併せてご笑覧頂ければ幸いです。

で。この話をして、ワークショップを終えて、どうだったか。

東京でも九州でも、宮入さんが口を酸っぱくして「コミュニティ」を連発してくださったお陰で、参加者の方々は「コミュニティの重要性」を強く感じ取られたのでは、と東京・九州それぞれの質疑応答を通じて実感しました。

日本は、欧米にはもちろんのことオーストラリア・台湾・中国といったアジア圏にかなりの遅れが生じていること否めない認めざるをえない状況下、このワークショップを機に(前回アウトリーチミーティング後は何もなかった)動きがありますよ、きっと、いや絶対。

次にブログ更新する時に、きっとこのワークショップの成果を垣間見れる内容になっているのでは、と確信しております。
今後の国内動向に超注目ですね。

それにしても宮入さん、お疲れさまでした。
ほとんどお一人で日程・会場・スピーカーとの事前調整をされ、資料・グッズ・ケータリングなどの手配、そして当日の司会進行といくつものプレゼンをこなすなど、この人なくして日本のいやアジアのいや世界のORCID普及はあり得ない、というご活躍。個人的にも2.5日ご一緒させて頂き、学ぶことも多く、ご紹介くださったネットワークも素晴らしく、改めてこの場を借りての感謝を申し上げます。本当に本当にお疲れさまでした!!

Don't be shellfish...Tweet about this on TwitterShare on Facebook0Share on Google+0Share on LinkedIn0

Leave a Reply