Monthly Archives: January 2016

第3回 SPARC Japan セミナー2015 「研究者向けソーシャルメディアサービスの可能性」にて講演の機会を頂き、「研究者向けソーシャル・ネットワーク・サービスの概説」と題した発表をしてきました

2016-01-19 14.48.34

2016年1月19日(火)、国立情報学研究所にて開催された第3回 SPARC Japan セミナー2015「研究者向けソーシャルメディアサービスの可能性」にて講演の機会を頂き、「研究者向けソーシャル・ネットワーク・サービスの概説」と題した発表をしてきました。

講演といえば約1か月前に、日本薬学図書館協議会さんお招き頂き「ResearchGate-研究者向けSNSは、図書館にどのような影響を与えるのか-」を講演させて頂いたばかり。
今回の講師依頼を頂いたのが昨年の12/15なので、前回講演の数日前でした。開催予定日まで年末年始を挟んで約1ヶ月しかないというタイトなスケジュールが提示され、他に抱えている大型案件もあり、打診を頂いた当初は非常に後ろ向きなキモチだったのですが、「大丈夫、薬図協さんの講演内容と被っていい案件だから。CA1848をベースにResearchGateの事を語ってくれればいいから、スライドちょい手直しでいけるでしょ」と楽観的な口説き文句で説き伏せられ?、日程調整できた段階で前向き返事した際に提示されたお題が、「研究者向けソーシャル・ネットワーク・サービスの概説」。。ResearchGateだけの話にとどまらず、研究者向けソーシャル・ネットワーク・サービス全般を話す、という話に発展。。

「え。それって、薬図協さんのスライドちょい直しじゃムリじゃ」
「年末年始おわた」
と頭をよぎるマイナス思考。。

しかしながら、大変興味深いタイトルの提示。CAの原稿や薬図協さんの発表内容を元に、過去の活動やこれまで収集した情報が頭の中でぐるぐる掻き混ぜられ、クリスマス辺りで全体像をイメージ完成できた為、後は静岡の自然豊かな山奥で年末年始に美味しい料理とお酒を投入しながらサクッと仕上げたスライドがこちらとなりました。

本講演では、単に研究者向けソーシャル・ネットワーク・サービスの基本的機能を紹介するみならず、機関リポジトリとの関係など図書館に関わる話題に言及するなどした上で新しい学術情報プラットフォームの可能性に言及。一番のポイントは「研究者向けソーシャル・ネットワーク・サービスについての批判的意見」を盛り込んで、言わばひとりボケ&ツッコミを演じる点にありました。聴講された皆さんにも、これらサービスにどう対峙すれば良いか考えてもらう良い機会になったのではと自負しています。

Continue reading

Don't be shellfish...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedIn