Monthly Archives: September 2013

ノマドな研究環境を!iPhone・iPadで論文を読みながらハイライトやコメントを付け、ディスクトップアプリと同期できる新 #MendeleyiOS 版アプリ登場!或はSwetsフォーラムにメンデレー侍として登壇のお知らせなど

New Mendeley for iOS

Mendeley の iPhone app キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!! – @keitabando のブログ Mendeley の iPhone app キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!! - @keitabando のブログ
と叫んではや3年。Heavy版?の登場を今か今かと待っていましたが、随分お待たせされましたw、やっとのことでMendeley iOSアプリ正式版の登場です!

勿論、無料。最大の目玉は何と言っても「Highlights & Annotations」でしょう。そう、競合アプリでは当たり前のこの機能、やっと実装されました。

iPadで論文を読みながらハイライトやコメントを付けることが可能なサードパーティ製Mendeleyアプリ”PaperShip”登場/勿論ディスクトップアプリとは同期可能 | @KeitaBando iPadで論文を読みながらハイライトやコメントを付けることが可能なサードパーティ製Mendeleyアプリ”PaperShip”登場/勿論ディスクトップアプリとは同期可能 | @KeitaBando
これまではPaperShipをオススメしてきましたが、これからは自信を持って純正アプリをオススメできます。 🙂

 

New web importer

We have just improved our support to Science direct via our web importer, this means that once a user has been…

Posted by Mendeley on Friday, September 20, 2013

新iOS版アプリがやっとなら、こちらもやっとな新Web Importer。言い換えるならば、Elsevier社による買収成果第一弾といったところ。

Elsevierの論文データベースScience Directで、Mendeley Web Importer(ブックマークレット)を使うと、論文のメタデータだけじゃなく、フルテキストPDFも合わせてインポートできるようになりました。いいですねえ。

Science DirectからワンクリックでMendeleyにPDFインポートが可能に(Elsevierによる買収の効果) Science DirectからワンクリックでMendeleyにPDFインポートが可能に(Elsevierによる買収の効果)

いいですねえ。


ということで、連携第二弾はScopus対応が現在進行中であり、じゃぁ第三弾は何でしょう、と気の早い方は私と一緒に今から妄想し始めては如何でしょうか。w

 

Swets and Mendeley are delighted that the Swiss Federal Institute for Technology (ETH) in Zurich has acquired a three…

Posted by Swets on Monday, September 23, 2013

Mendeley/Elsevier連携が話題になっていますが、忘れてはならない?のがMendeley/Swets、そう、Mendeley機関版(MIE)。
スイス連邦工科大学チューリッヒ校(ETH in Zurich、チューリッヒ工科大学)がMIEを3年ライセンス契約を締結したとのニュースも図書館界隈を中心に密かに?注目を集めています。

 

 

 

さて、New iOS app → New web importer/Elsevier/ScienceDirect → MIE/Swets ときて、やっと本題?へ。w

研究支援いつやるの? 今でしょ!

MIEといえば昨年はワークショップフォーラムで大変お世話になりましたが、今年も懲りずにお世話になる予定です。

フォーラムのタイトル
研究支援いつやるの? 今でしょ!
3人のメンデレー侍が斬る!スカラリーコミュニケーションの未来

フォーラムの概要
会場 : 第8会場
日時 : 10月29日(火)
時間 : 13:00-14:30
主催 : スエッツ インフォメーション サービス株式会社

フォーラムの内容

概要: Mendeleyを知り尽くした3人の情報管理エキスパートが、メンデレー機関版を中心に、研究支援そしてスカラリーコミュニケーションのあり方について熱く語ります。 現在、世界20以上の研究機関で導入されている研究評価・分析ツール『メンデレー機関版(Mendeley Institutional Edition)』を用いた研究支援活動、そして情報センターとしての図書館の新しい役割についてご紹介します。 講演内容(予定): 農林水産研究情報総合センターにおけるメンデレー機関版を用いた研究支援、活用事例、研究者フィードバック、大学図書館におけるメンデレー機関版導入事例、Altmetricsと研究活動のインパクト評価

発表者:
講師:林賢紀(農林水産研究情報総合センター)
講師:坂東慶太(スカラリーコミュニケーション・コーディネーター/MyOpenArchive)
講師:NurhazmanAziz(スエッツ社プロダクトマネージャー/元システムライブラリアン)
※三者ともにMendeleyAdvisor

対象者:
機関・企業図書館関係者
大学・短大・高専図書館関係者

研究支援いつやるの? 今でしょ! | 第15回 図書館総合展 研究支援いつやるの? 今でしょ! | 第15回 図書館総合展

このタイトル・・どこかで見覚えが。汗

図書館員は、研究者への #altmetrics 支援をいつやるか? 今でs(ry | @KeitaBando 図書館員は、研究者への #altmetrics 支援をいつやるか? 今でs(ry | @KeitaBando

 

 

と言うことで結局何が言いたかったかって言うと、Elsevierに買収された今年春先前後から寡黙だったMendeleyが最近再び熱くなってきた様なので、その様子を今年の図書館総合展で確かめてみましょう、ってこと!! 😀

Don't be shellfish...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedIn