Visualization of Research #dtk43 #dtk43_10 #Mendeley #Altmetrics

August 5, 2012, The Japan Academic Librarians’ Association (a voluntary institution of researchers from librarians and clerks engaging on professional works; since 1970) had its annual conference at Kyoto. Since I am a Mendeley Advisor, honored to perform a presentation at “research empowering, research management tools” sectionary workshop.

In general, research empowerments at libraries include several schools, but here in this sectionary workshop we refer to EndNote, RefWorks, Mendeley and so on, to discuss the literature management tools. Besides, our consensus here is that librarians’ further research empowerment could be achieved.

Here’s a copy of my handout of my presentation:

Mendeley is a research management tool. You can find, however, that Mendeley is a powerful Self-archiving platform, on which you can rely to assess your research. Additionally, Mendeley always provides you with the center of new metrics.
“Research Visibility” was the title of my presentation, which introduced Mendeley as the owesome kind of research management service.

  • Self-archiving platform

Mendeley has a feature that allows users registrate their literature on their own. This makes you publish the literature list on Mendeley site and your blog. You can easily share your literature on Mendeley pages.
You can also see some statistics about how many people have been reading and downloading your publications here.
Hopefully on this feature Mendeley surges popularity of Open Access (Self-archiving).
While JISC DURA project, which syncronizes Mendeley and Institutional Repository, has been launched successfully, there are several approaches including the sync via Symprectics service. Thus Mendeley and Institutional Repository help each other to share the effectiveness.

  • center of new metrics

Mendeley provides you with the center of new metrics for researchers.
Mendeley shares a plenty of library information and analytics logs (Mendeley API). In 2011, an application development contest “Binary Battle” was took place by co-effort of Mendeley and PLoS (Public Library of Science).
The idea was that both Mendeley and PLoS have an open API.
Through the contest several services begun, including Android app, openSNF(won the most valuable player’s prize on “Binary Battle”), etc. In particular, many people appreciated the effectiveness of applications which make visible the academic impact. In general, we call them Altmetrics tool.

altmetrics is the creation and study of new metrics based on the Social Web for analyzing, and informing scholarship.
Their vision is summarized in:
J. Priem, D. Taraborelli, P. Groth, C. Neylon (2010), Altmetrics: A manifesto, (v.1.0), 26 October 2010. http://altmetrics.org/manifesto
via about – altmetrics.org

ReaderMeter, for example, is a mashup visualizing author-level and article-level statistics based on the consumption of scientific content by a large cialis online sales population of readers. Readership data is obtained via the Mendeley API.
ReaderMeter

Another one is called ScienceCard. ScienceCard is a web service that collects all scientific works published by an author and displays their aggregate work-level metrics. ScienceCard allows a researcher to create and maintain a researcher profile with minimal effort, and to export and reuse this information elsewhere.
ScienceCard

This is very much the approach that goes together well with the title: research visibility. Mendeley forms the basics.
Besides, Mendeley does not depend on third-party services in order to make researches visible. Mendeley affords itself with the visibility at Mendeley Institutional Edition (MIE).
Mr. Fukada, the Chairman of Swets Japan, compared the institutional version to “The Diving Mirror Glass.” He used the metaphor of viewing fishes (academic information) in the sea (institution). Such a keen perception, indeed.

The success of Mendeley and Altmetrics describes how we enter into the trend in the academic communication.
We could discuss on further development among researchers, so we could enhance research visibility in this trend.

 

 

 

2012/8/5、京都で大学図書館問題研究会(1970年に誕生した現場の図書館員を中心とする自主的・実践的な研究団体)が開催され、分科会のひとつ、第10分科会「研究支援・文献管理ツール」にMendeley Advisorとしてプレゼンテーションする機会を頂きました。

図書館が行う研究支援には様々な方法がありますが、この分科会では、EndNote やRefWorks、Mendeleyといった文献管理ツールの提供に関連した研究支援と、そういったツールの使い方にとどまらず、図書館がどんな研究支援をしていけるのかを考えること、を目的としてこの分科会が設定されました。

私のプレゼン資料は次の通り。

Mendeleyは文献管理サービスです。ですが、それだけではありません。Mendeleyはまた、強力なセルフアーカイビング・プラットホームであり、新しい研究評価指標をつくりあげる、その中心的存在にある、と思っています。
今回は「研究の可視化」というタイトルで、文献管理サービスの枠組みを大きく超えたMendeleyの存在を紹介しました。

Mendeleyには、自分の文献を登録する「My publications」という機能があります。これにより、Mendeley上で業績リストを公開してその情報をブログ等に貼付けることができるばかりか、自分の文献がMendeley内で共有され易くなります。また自分の論文に対する読者数やダウンロー ド数に関する統計情報を確認したりすることも出来ます。
この機能により、MendeleyはOpen Access(Self-archiving)をより一層推進する、と期待しています。
また、Mendeleyと機関リポジトリを同期させるプロジェクト(JISC DURA project)も立ち上がっている他、Symprectics社のサービスを介して同期するアプローチも開発されており、Mendeleyと機関リポジトリとの関係は、互いを補完し合う相性の良い関係にあると信じています。

Mendeleyは新しい研究評価指標をつくりあげる、その中心的存在にあります。
Mendeleyは、豊富な書誌情報やその解析情報を公開しており(Mendeley API)、2011年にはMendeleyとPLoS(Public Library of Science)が共催したアプリ開発コンテス ト“Binary Battle”が開催されました。このコンテストは,MendeleyとPLoSのオープンAPIを使ったアプリケーションの開発を奨励するために開催されました。
Android端末で利用できるアプリや、“Binary Battle”の最優秀賞を受賞したopenSNP等、多くのサービスを生み出したのですが、注目されたのは学術的インパクトを可視化し,測定するものでした。これらの多くはAltmetrics toolとも呼ばれています。
altmetricsとは、学術情報のインパクトを測る新しい指標を提供しようという概念で、例えばReaderMeterは,著者名を入 力すると,その著者による著作一覧が,文献の読 者数順に表示され、その人の共同執筆者の一覧が Mendeley APIから取り出されます。そしてその人の 研究のインパクトのメトリクスが計算されます。そして、論文ごとに読者の出身地や読者の学問分野 などを確認することができます。
ScienceCardを開発したMartin Fennerは,ScienceCardが個々の研究者が,ScopusまたはCrossRefでの引用回数はどのような状況か、Mendeleyやその他のサービスの読者層はどのような ものかを確認できます。
(via Revolution of the reference management tool and its huge potential power to scholarly communications : The future of scholarly communications described by CEO of Mendeley Ltd.

これこそまさに、研究の可視化というタイトルに相応しいアプローチで、その根底にあるのはMendeleyです。
しかし、Mendeleyは研究の可視化を外部に委ねているだけではありません。MIEにおいて、自らが可視化を実践しています。
スエッツ インフォメーション サービス株式会社の会長、深田良治氏氏は、Mendeley機関版を「箱めがね」(The Diving Mirror Glass
Metapor)と称し、まるで海(研究機関)の中を流れる生き物(学術情報)を俯瞰できるサービスである、と喩えました。言い得て妙、と思ったのは私だけでしょうか。

MendeleyやAltmetricsは、学術コミュニケーション分野におけるトレンドとなりつつあります。
この様な研究を取り巻く環境の変化ついて多くの議論が交わされ、より一層研究の可視化が推進・評価されることを切に願っています。

当日の詳細はこちらでご覧頂けます。
#dtk43 第10分科会 研究支援・文献管理ツール #dtk43_10 (2012.8.5) – Togetter
大図研第43回全国大会(京都)2日目参加メモ #dtk43 – ささくれ

この様な講演機会を下さった山下ユミさん(京都府立医科大学附属図書館)、そして講演をご一緒頂いた天野絵里子さん(九州大学附属図書館)・林賢紀さん(農林水産研究情報総合センター)・三角太郎さん(山形大学工学部プロジェクト支援室)に感謝申し上げます。ありがとうございました。

Don't be shellfish...Tweet about this on Twitter10Share on Facebook3Share on Google+2Share on LinkedIn2