Mendeley Advisorとして、教育における国際的視点に関する日英フォーラム「Think Global UK Japan」に参加しました

8月25日、京都にて、教育における国際的視点に関する日英フォーラム「Think Global UK Japan」に、Mendeley Advisorとして参加してきました。

教育における国際的視点に関する日英フォーラム「Think Global UK Japan」とは??

英国人教員による,語学・科学・人権・テクノロジー・女性の役割などをテーマとしたプレゼンテーションや,教員・生徒の間にグローバル精神を如何に奨励し,育てていくかなどについての意見交換等を行う予定。日英におけるフォーラムのプログラムを策定し,教員に対するセミナーや研修の提供を行うことを目指す。
http://thinkglobalukjapan.edublogs.org/日本語-3/

このフォーラム、様々なところから支援を受けているのですが、そのうちのひとつに我らが?Mendeleyだったのです。

UKの担当者Paulくんから「Mendeley Advisorとしてこのフォーラムに参加してきてくれないかい?」と打診があり、イメージとしてはブース出展して来場者が立ち寄ったらMendeley紹介する的な軽い感じで引き受けたらとんでもない勘違いだったと当日知るわけです。汗

フォーラム主催者のおひとりがRoryさん。

日本語もお上手で、メールやtwitterで何度かやりとりをし、やっとお会いした当日の写真が冒頭のもの。
私もすっかりMendeleyな人になりすましてってブースに座ってゆっくりフォーラムの様子を撮影したり記録したりしようと思っていたら・・

「ケイタもみんなとディスカッションに加わるがよい」
と、参加者全員が教員である中に無理やり加わらされって、終日英語のみによるワークショップに参加。

京都会場の参加者は十数名だったでしょうか。3つのグループに分かれて、皆さん自己紹介では「英語でディスカッションとかごめんなさい」と仰っていたわりにはさすが教員ぐいぐいとワークショップも進行した様子が次のtweetから伝わるでしょうか。

8/23には福島で、8/28には東京でも開催された模様。

最後に、主催者のおひとりリジーちゃんとのスナップ :)

日頃使わない部分の脳をとことん使った一日で大変疲れましたが、新しい視点新しい出会いが数多くあり、またMendeleyにも強く興味を示してくださった先生方も何人かいらっしゃってとても有意義な一日でもありました。

Don't be shellfish...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedIn