ORCID-CASRAI Joint conferenceに参加し、Altmetric for ORCIDをポスター発表してきました

A photo posted by Keita Bando (@keitabando) on

昨年はシカゴ(春)と東京(秋)で開催されたORCIDアウトリーチ・ミーティング(今回はCASRAI (Consortia Advancing Standards in Research Administration Information) とのジョイント・カンファレンス)、今春はバルセロナで開催するとのことで、ORCIDマニアとしては是非とも参加せねばとスペイン初上陸を果たして参りました。

A photo posted by Keita Bando (@keitabando) on

会場がバルセロナ大学と聞いただけで大興奮なのですが、歴史を感じるそれはそれは素晴らしい会場で2日間を楽しませていただいたのです。

初日は興奮度高めなので、撮影にも身が入るのですが、二日目は慣れちゃうというか疲れちゃうというか^^;、写真で当日の雰囲気や臨場感をお伝えできれば幸いです。

今回、僕ら日本人にとっての大注目は、ネイチャー・パブリッシング・グループの宮入暢子さんがAsia-PacificのRegional Directorに就任する、というビッグニュースことではないでしょうか。
エグゼクティブ・ディレクターLaurel Haakも気合を入れた紹介をされていたのが印象的でした、けど宮入さんふざけて壇上から会場内をiPhone撮影したりとお茶目してましたがねw

バルセロナへ渡航した目的はふたつありまして、ひとつが「新しく開発したウェブアプリケーションのポスター発表」と、もひとつはやはり「ネットワーキング」。

では先ずひとつめの「新しく開発したウェブアプリケーションのポスター発表」からいきましょう。
1年前のシカゴでは「Mendeley to ORCID」というサービスを、ポスター発表という形式で発表させて頂いたのですが、今回も同様に「Altmetric for ORCID」という新コンセプト及び新サービス(ブックマークレット)を、やはりポスター発表という形式で発表してきたのです。

冒頭の写真は、ポスター掲載するのが嬉しくて嬉しくて仕方がない私を宮入さんが激写したの図w
こちら↓は落ち着きを取り戻して自撮りした冷静な私w

A photo posted by Keita Bando (@keitabando) on

ORCIDには、自身の研究成果を登録する場所「Works」が存在するのですが、後発のORCIDのWorksを如何に手を煩わすことなく埋めることができるか、という問題意識が昨年発表の「Mendeley to ORCID」で、既にMendeleyの(ORCIDのWorksと似たような)My Publicationsに全ての研究成果を登録していた私としては、クリックひとつでMendeleyとORCIDの登録情報が同期してくれればなぁ、という思いが具現化されたワケなのです。
今回はその次のステップ。
せっかく登録されたORCIDの研究成果情報、数ある研究成果物がウェブ上でどんなインパクトをもたらしているのかが一望できたらいいのにな、という、問題意識というか個人的欲求を満たすために発案したのが「Altmetric for ORCID」だったのです。

もともとAltmetricには「Altimetric it!』というブックマークレットが存在するのですが、これはひとつひとつの研究成果を見ていくもので、個人的にはちょっと煩わしかった。そこで要件をまとめ、AltimetricのAPIを利用してAltmetricsを表示するオンライン論文検索サービス「論文検索Qross」を開発されていたアトラス社さんと協業するカタチで発表させていただいたのです。

このたび株式会社アトラス(東京都千代田区)はORCIDレコード上の業績情報にAltmetricスコアを表示するブックマークレット「Altmetric for ORCiD」を開発しました。
Altmetric for ORCiD:http://www.atlas.jp/a4id/
上記サイト内のブックマークレットをWebブラウザに追加し、ORCIDサイトの研究者プロフィールページ上でクリックすることで、ORCIDに登録された執筆論文情報のうち、DOIが登録されている業績のAltmetricスコアを即座に表示することができます。
「Altmetric for ORCiD」は、ORCIDのプロフィールページ上の研究者の業績一覧にAltmetricスコアを表示することで、論文のソーシャルインパクトを計量する新たな研究業績指標であるAltmetricsの重要性を普及させる目的で開発しました。また、業績登録時にDOIの登録を促すことで、研究者にDOIの重要性を認識させ、研究成果の公開の促進も実現できればと考えています。
株式会社アトラスは2013年よりORCID Premium MemberとしてORCIDの活動を支援しており、今後もORCIDと連携したサービスの開発に継続的に取り組んでいきます。
ORCIDレコードに登録された論文のAltmetricsを表示するブックマークレットを開発しました | 株式会社アトラス

そう、使い方はとっても簡単。公式サイトからブックマークレットをお気に入りのブラウザにドラッグアンドドロップして、気になる研究者のORCIDページにアクセスした上でブックマークレットをクリックすれば、その研究者の研究成果がどんなaltmetricsなのかを一望できるというワケです。
もしAltmetricのドーナッツ表示がされなければ、DOIが登録されてない可能性が高い(他にも理由があるかもですので、詳しくはAltmetricに要問い合わせ)のですが、ORCIDアンバサダーとしては、ORCIDでiDを取得してもらうのは勿論のこと、研究成果をDOI付きで登録していただくのが超重要と考えていますので、そういうマニアックで光に当たりにくいところを地道に啓発できれば、と。
そんな想いは以前もブログに書かせて頂いたのですが、サービスというカタチで世界中の研究者に伝わればなぁというのが動機でありました、のでブックマークレットの公開に携わることができて感無量。
研究成果が公開されたら必ずやるべきたった2つのこと | @KeitaBando

開催二日目のポスターセッションを待たずして、多くのカンファレンス参加者、及びTwitterなどウェブで情報収集されるaltmetricsやORCIDなどの学術コミュニケーションに関心高い方々に早速ブックマークレットを利用頂き、ポスターも大好評でありました。 :)

そんなワケで、figshareにアップロードしてDOIを発行してもらった本ポスターも公開数日にしてスコアに数字を刻むなど。^^

さてさて次なる目的「ネットワーキング」について。
カンファレンス参加者は、ざっと100名弱とどんぶり勘定で失礼しますがw、以前どこかのカンファレンスでお会いした方々や、twitterなどのソーシャルメディア上では交流が続いていたけど初対面という多くの出会いに恵まれました。 :)

もちろんポスターを見に来てくれたみなさんには、昨年同様の手口でポスターにメッセージ残してもらいました。 :)

期待以上の出逢い、めちゃ楽しかった。^^
次のアウトリーチ・ミーティングはサンフランシスコとのことですが、半年後はどんな状態になっているのか、ORCIDにしろORCIDに関わる人にしろ、やっぱり直接確認してみたい、というのが心情。行けるかな。行きたいな。行ける気がしないけど、いまは。^^;

Don't be shellfish...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedIn