英文誌出版関係者のための「Wiley Executive Seminar」に、「研究者による SNS, SCN の活用」という演題にて登壇させて頂きました!

2016年7月31日(日)に東京国際フォーラムで開催された、英文誌出版関係者のための「Wiley Executive Seminar」に、「研究者による SNS, SCN の活用」という演題にて登壇させて頂きました!

(以下、http://www.wiley.co.jp/ の新着情報より抜粋)
—–
英文誌出版関係者のためのWiley Executive Seminar、今年は7月31日(日)に開催

Wileyは、編集委員などの立場で英文誌出版に関わる方々を対象に、毎年Wiley Executive Seminarを開催し、好評をいただいています。今年2016年は、7月31日(日)に東京国際フォーラムで開催することが決まりました。

プログラム:
Session 1: Interpreting Open Science for Research Journals and Societies
Session 2: Maintaining Quality in Peer Review (英語)
Session 3: Researchers and Authors Interaction with Research Journals
—–

6月上旬、ワイリー・ジャパン社長のMarkさんから直々にメールを受信。
今年初めに「研究者向けSNSの概要」について現状をお話させて頂く機会ございましたが、そのセミナーにご参加されていらっしゃったワイリー社の方が、本セミナーでも、とお声掛けくださったのです。

(これまで散々Mendeleyをアウトリーチ
→ 2015/ 6:CAにRG記事寄稿
→ 2015/12:薬図協でRG講演
→ 2016/ 1:SPARC/Jセミナーで研究者向けSNSの概要講演
→ 2016/ 7:ワイリー社でSCNs講演

と、CAを機に、なんとな〜〜くつながり続けさせて頂いている感じ。
新たな情報を加えつつ、「SCNs」に対して、頭の中を整理する大変ありがたいく光栄な機会を頂戴しました。これまで関わって頂いた方を含め、本当に感謝申し上げます。

さて、スライドはいつもの様にfigshareで公開。

Continue reading

Don't be shellfish...Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedIn